モバイル通信機器をレンタル?最新のビジネス事情

企業の皆様に伝えたいレンタル端末の利便性

モバイル機器をビジネスでレンタルするメリット

ビジネスにおいて、モバイル通信端末は必ずしも据え置き型である必然性はありません。 むしろ、企業の人材の流動化が進みつつある近年では数年単位のレンタル契約のほうが長期的に見てもコスパが良いというデータもあります。 企業の導入例を比較しつつ、レンタル契約の理想形について考えていきましょう。

モバイル端末レンタルの実践例

従来のモデルでは、モバイル通信端末を社員が個人で契約するケースが主流でしたが、ここ数年はスマホやタブレットの依存度がますます高まり、企業として端末をレンタルし、まとめて契約するケースが増えてきています。
いわゆる法人契約というパターンで、それ自体は昔からビジネスシーンにおいて行われていましたが、近年ではスマホの定着により企業のビジネススタイルが大きく変わりつつあり、それにともなって法人契約のもつ意味合いも変容しつつあります。
モバイル端末を企業が貸与すると、社員のプライベート端末と混同する恐れがあり、かえって煩雑であるようにも思えます。
ただ、言い換えれば社員の公私をはっきりと区別することにもなり、企業秘密の漏洩を防ぐことにもつながります。
携帯端末を使い分けるというシンプルなことですが、社員の立場で考えれば仕事とプライベートをきっちりと分けるということであり、気分的にもメリハリが生まれてきます。
メンタル面ばかりではなく、実務のうえでもプラスの影響をもたらします。
携帯端末を個人単位で契約している場合でも、ビジネスで発生した通信料に関しては会社側の経費となりますので、経理上、毎月数百人単位の利用明細を管理し、申請を行わなくてはなりません。
法人契約であれば企業単位で一括して明細を管理できますので、事務手続きを大幅に簡略化することができます。
ここでは、モバイル端末の法人契約のメリットと注意点についてふれるとともに、さらにこの先の企業のビジネスモデルについても掘り下げています。

コスパで考えるモバイル端末レンタル

旧来のビジネスモデルを変更するにあたってまず考えるべきはコスパの問題です。 モバイル端末の法人契約は確かにメリットの大きいシステムではありますが、デメリットに目を向けることなくやみくもに導入したのではかえって弊害のほうが大きくなり、よけいな混乱を招いてしまうことも考えられます。

モバイル通信端末レンタルの現状と今後

ビジネスシーンだけでなく個人レベルでも、通信端末を必要に応じてレンタルするケースが増えてきています。 スマホやタブレットを使う頻度が少ない人や、旅行先で数週間だけ使いたいという人にとってはレンタルのほうが合理的なのかもしれません。 レンタル契約と相性の良い職種についてまとめました。

TOPへ戻る